エギング

遂にショアからモンスターハント❕❕

2017.04.07

2017.09.05

スポンサー広告

夕方地磯へ

南西の風8メーター位

小雨

西からウネリが少し入ってくる


干潮しかいけないポイント

水道が入っていて先の磯までスーパージャンプかド干潮しか渡れない

今日は少し潮位が高いがなんとかポイントへ

昨日もこの場所に来たけどサメにヤられた

後は横抱きのバラシ。

今日、潮は明らかに流れている

ここは水深のあるポイント

エギシャープv2をセット

明るいうちから投げる❕

ホワイトモンスター狙いだ

着底

ボトムをしっかりとりネチネチ

二回シャクってはテンションフォールで落とす

三回くらい繰り返すと、キーストンのエギでしか味わえないイカが近くにいる感じ

ふわふわ

そのままテンション掛けてたラインを緩める

するとスルスルーっと持っていった

バシッ❕

ジーーーーーーー❕

ジーーーーーーー

ジーーーーー

ジーー

この攻撃的なアタリ

シロイカ系だろう

しかも良型

ゆっくり寄せる

時より走る

じわー

じわー

サメくんなよー

ウネリもあったがギャフもばっちりきまった


おらぁ

ホワイトモンスター3.1kg❕

ロッドはダイワエメラルダス88smt
リールは16ヴァンキッシュc3000sdh
ラインはギアラボエグザ0.3号
リーダーサンラインブラックストリーム3号
エギはキーストンエギシャープV2

自分が今の所最強だと思ってるタックル達

マジで感謝。

現場で通わないと分からないイカの

『感度』

これが一番の近道

興奮も覚めやらぬ中

キャスト

手前のシャクリ上げでヒット❕

少し物足りないサイズだが


メスの一キロ

さっきのカップルかな?

今日は出るかもしれないと思い

エギをプロトのエギシャープ4.3号に変える


このカラーはキーストンの林さんに頼んで作ってもらったカラー(メタリカルレッド鯖グリーン)

今まで数々のモンスターアオリを釣り上げたカラーだ

何故かわからないがモンスターが抱く

自信のあるカラーでここぞっていう時に出す❕

付け変えて1投目

そしてここから竹島の海が牙をむく❕

潮も少し緩み着底を待つ

カウントを数えボトム着底と同時❕

糸ふけをとりロッドを大きく煽る

根掛かりと思う位のアーチ

気付いてないパターンだ

このパターンは大概デカイのだ

ここで横抱きしてると思いカナリ強めに追い合わせを一回入れる❕

それでも走らない

三回寄せた時に

『ガガッガガガ』と根に擦れるような感覚

次の瞬間?!

物凄い走りに変わった

ジーーーーーーーーーーーーーー❕

とてつもなく重たい走りで

軽く20メーター位出された

ラインは200メーターなので走るだけ走らせます

なんだ?!この重量感

確実に4キロある。。。

全然浮いてこない、、、

底に、、、

沖へと、、

それから更に20メーターは走っただろうか

こういう時に限って不安がよぎる

ラインシステムは大丈夫だろうか?

エギはしっかり抱いてるのか?

瀬で切られるんじゃないか、、

でも捕りたい

神様お願いしますと小さく呟く


88smtが弧を描く

今までにないしなりと重量感だ

身切れ対策に
少しドラグを緩める

これでじわじわと寄せる

サメくるなよ。

瀬で切れるなよ

かなりの時間ファイトしてる

腕もパンパンになり

身切れも心配だ

プロトの4.3号はカンナもひとまわり大きくなっており

ただただ信じ

ファイトする

やっと姿が見えてきた❕

ここからが最大の勝負だ

手前10メーター位まで寄せてから寄らない

かなり嫌がってジェット噴射で逃げよう逃げようとする

デカイのはここからが大変

じわじわ寄せても、ある一定の距離から寄らなくなるのだ

しまいにイカが完全に疲れて縦になる

こうなる前にギャフを掛けたい

ファイトしてる間にギャフをセットし

じわじわ寄せる

残り5メーター

ウネリもありかなり厳しい状況

更に左に三回ドラグを緩める(ウネリとジェット噴射対策)

もうこれ以上寄せるのは無理だと思いギャフを一杯出した

『もう頭でもどこでもいいから掛かってくれ❕』

まじでがむしゃらに引っ掻けた。。。

真ん中の身とエンペラに掛かった

ウネリに三回遊ばれ危機を感じたが

無事ランディング❕


余りのデカさに手も震え写真もボケる

確実に4キロ越えてるやろ❕

かなり嬉しくて、一人でよっしゃーって

叫んだ


まじ最高です

バンブーモンスター

ショアから5.41kg❕


胴長55.3cm


見よ、この堂々とした姿


噛られても破壊されにくいエギと
伸ばされないカンナ

体高は41cm越え

勿論キーストンにも感謝だし

全ての道具

環境に感謝です❕

タックルデータ
ロッド
ダイワエメラルダス88smt
リール
シマノ16ヴァンキッシュc3000sdh
ライン
ギアラボEXXA0.3号200m
リーダー
サンラインブラックストリーム3号1ヒロ
エギ
キーストンエギシャープ4.3号(プロト)
シンカー
ダイワ仮面シンカー2g
スナップ
カルティバクイックスナップ1.5号

thank you.

皆さんにもこの感動と感度を味わって頂きたい。

我々キーストンは更なるモンスターを追いかけ続ける

『次は6kgだ❕』
5キロ越えてからの数十、数百グラム単位の壁が異常すぎるほど高い。

夢は自ら動かないと叶えられない

僕がタックルデータを記載してるのは、使ってる道具を押し売りするわけじゃなくて
モンスターをキャッチするにはどういった道具が必要なのか?どの位の強度のラインが必要なのか?どんなロッド?どんなエギ?
どんなファイト?どんなアクションさせればいいのか?
自分も数々のモンスターを釣ってきたつもりですが、まだまだ成長段階なのです。

自分の信じた道具と知識で夢を叶えてください。

スポンサー広告

<

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

祐亮(ゆうすけ)

祐亮 Ysuke

南西諸島三島村竹島の釣果、情報少なく何がつれてるのかわからないのでブログでupします‼
化け物、monsterクラスの魚居ます!

㈱キーストンフィールドモニター
㈱ギアラボテスター
㈱スタジオコンポジットモニター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

スポンサー広告

新着記事New Posts